ワイキキのキラキラ輝く朝の海で

ハワイにあり

これだけの航空会社に乗ろうと思うと長距離を移動しないといけないイメージがありますが、実は東南アジアの都市圏で飛ばしている以遠権を使った、短距離路線に乗ることによって、条件クリアーが可能になるということが発見をされました。このようにゲームのように盛り上がりながらマイル集めを楽しみ始めたのがきっかけです。高額なビジネスクラスに乗ることができるマイルを貯めて旅行をした中でも印象に残っているのがビジネスクラスを利用してロンドンに行ったことです。20歳をちょっと過ぎた大学生がビジネスクラスに乗っているのですから周囲からみれば不思議に見えたのでしょうが、実はマイルを使って航空機に乗る場合、ビジネスクラスのチケットが最も価値があることになります。例えば、ハワイ路線の場合、日本からレギュラーシーズンに旅行をするとエコノミークラスで40000マイル、ビジネスクラスで65000マイル必要です。

現地に行かなくても買えるハワイのお土産サイト

ワイキキ中心のロイヤル

ハワイのツアーだとデジタル機器を入れる専用の水が大きなポリバケツに用意されていることも多いです
実際の航空券価格を必要マイル数で割るとマイル単価が分かります。このマイル単価が高いほどお得ということになるのです日本ハワイ間のエコノミークラスは12万円、同じ日のビジネスクラスが42万円で販売をされているのでそれぞれ計算をするとエコノミークラスで1マイルあたり3円、ビジネスクラスで1マイルあたり。3円と倍以上の差がつきます。このようにせっかくマイルを利用するのであればビジネスクラスを使った万がマイルの価値が高まることを知っていたので、事前に航空機に乗ってキャンペーンマイルを貯めるなどしてビジネスクラス分のマイルを貯めて搭乗しました普通に生活をしていながら家族旅行分を稼ぐ現在は結婚をして2人の子どもがいますので、飛行機に乗ってマイルを稼ぐというよりも日常生活を送りながらマイルを貯めている状況それでも1年あたり8万マイル前後をコンスタントに稼ぎ出しています。これは主にカード移行をして稼いでいるマイルと、ポイントサイトを利用して貯めているマイルがメインです。2人ぐらいであればハワイまで行くことができますが、そこまで長期的な休みがとりにくい仕事であるので、家族みんなで国内旅行に行くのに特典航空券を利用しています。

 

ハワイのツアーは見つける事ができませんでした 2016年5月時点

ハワイのツアーを紹介されていると思いますが 頂上からの眺望は絶佳なり。ハワイに来て2週間経った。日本からの大部分の観光客は1週間ほどこのワイキキに滞在して買物をし、次々と忙しく帰って行く。毎日、凡そ5000人弱の日本人観光客がホノルル空港に到着する。アメリカ、カナダなどからの観光客は多分日本人の二倍以上多いと思われるが、彼らは概ね1カ月以上滞在する。1週間滞在する人と1カ月以上滞在する人とでは、ハワイは異なって見えているに違いない。会社出張で数年間ハワイに滞在するビジネスマン、或いは事情あって生涯をこの地で過ごすことを決心した日本人にとっても、それぞれにハワイは異なって眼に映っているであろう。

アメリカ国内では
永住を決意した日本人には日本は懐かしく望郷の念止み難い国である。異国に暮らせば誰でもそうなるのであろう。事情あって日本に帰ることができない人々、その良さを十分更に帰ることはできても、今さらややこしく物価の高い日本の生活に足を踏み入れたくない人もいるであろう。に理解してしまった人には日本は既にハードルが高い国になってしまっている。既に、異国の文化に慣れ親しんで、しかし、彼らが日本を語る時、●様にその眼には懐かしい望郷の想いの涙が宿る。