女の背中がイライラしているように見えた。

花嫁の嘿嘿忘れないで彼らはそれを言わなかった。

あなたは私にロールを与えます。シャオヤンに何か問題がある場合、私はあなたを惜しむことはできません!現時点では、颯真は龍之介を倒して倒すのを待つことができませんでしたが、今回は女の体調がより重要であることは明らかです。
「ああ、心配しないで、私はすぐにあなたを病院に送ります!」

しかし、琉生はこれを言ったが、今女の外観は、それは彼自身で立ち上がるための力がないことは明らかであり、そして彼女の力はしばらくの間、女を地面に直接保持するのに十分ではない、蘇嘉の涙が出てきている!龍之介は、女が事故を起こしたように見え、すぐに遠くへと逃げ、さらに悠真を引っ張り、モールから直接逃げた。まるで起こったことがそれらとは何の関係もないかのように!琉生はまだ痛みを伴う顔を見て、すぐに男に電話をかけることを切望していました、しかし、彼女がモールからの距離について考えたとき、彼女はすぐに男に電話をしました、男はしませんでしたこんなに早い時期にやってくる方法!
このように待つのではなく、現在の人々から助けを求める方がいいです!
「来て、助けて、誰が私の友人を病院に送るのを手伝ってくれる!」
彼の周りの人々から助けを求めながら、颯真は颯真の状況に注意を払います。彼の周りの多くの人々はス拓真の声を聞きました、しかし、彼らのうちの何人かは彼らを見ました、しかし、ほとんどの人々はトラブルに巻き込まれることを恐れているように見えました。
何が悪いの?どうしたの?
それでも女の意識が目覚めているのであれば、私は以前彼女に会いに来た祖父が目を閉じてしまったので今では賞賛が近づいていることをはっきりと認識できます。琉生は彼の目の前の老人を知りませんでした。

しかし、それは良いことです、たとえその人が老人であっても、何人かの人が彼らの世話をするために先に来ることができると考えることができます、しかし老人の場合には他の友達がいます!
「このおじいさん、他に何人の友人がいるのですか、私の友人には事故があります。病院に送ってもいいですか。」
悲しみが地面に横たわっているのを見て、颯真と一緒に

悠人は突然顔の表情を変えた。カーテン!
彼はすでに去っていたのですが、突然何かを考えてそれを取り戻しました彼はただモールの中に入って行くことを望みませんでした彼は彼を迎えながら体のこちら側を見て見ました。彼の後ろの人はすぐに起きて女を病院に送りました。颯真は、結婚相手の老人の後ろから出てきた人々を見て、非常に力強いように見えましたが、最初はまだ心配していましたが、それから他の人がただ老人の言葉を聞いて病院に送る用意ができたことに気づきました。女が地面から老人に拾われて車に運ばれる準備ができたとき、彼は人々を保護するために男によって手配されましたまた、彼はここで起こった問題を発見しました。
 

結婚する能力を持っています

きつすぎると心配すると女と颯真が不快になるため、遠くにしかいられず、女で何が起こったのかわからなかった。彼らがここで何かが間違っていることを知ったとき、彼らは女が車に連れて行かれたのをすでに見ていました。幸い、女と颯真を服用した人は悪意がないようでした。それで、彼らがこれらの人々を追っている間に、彼らはここで状況を男に知らせました。


妊娠中!男は、元々そのニュースを受け取ったときに会議に参加していましたが、そのニュースを受信した瞬間には、その人全員はほとんど気絶せず、その後、会議室に全員を残して駆け出しました。
会議室の人たちは、男が報道を聞いているのを見ましたが、突然顔を変えて外に出ましたが、みんながお互いを見あって何が起こったのか知りませんでした!会議室全体で男が最もよく知っているのは結愛で、男の反応を見たとき、何かが本当に起こったと感じることができました。そして物事は女、または葵に関連しているかもしれませんが、それがどちらの人のためであるかどうかは大したことです!
「みんな、今日の会議は最初にここにあるでしょう、そして残りは次回も続くでしょう!」

会議の残りの部分では、結愛はもともと男に代わって議長を務めることができましたが、実際に非常に深刻なことが起こったとしても、彼は男の方が優れています。グループミーティングに来ることができるのは、グループの幹部たちですが、これらの人々は当然人々と同じですので、男のパフォーマンスを見た場合、理解できないことは何ですか?会社をアレンジした後、結愛はすぐに男のペースをたどり、そのときに起こったニュースも知っていました。その男は妻で、今度は彼は病院に連れて行かれました。

幸いなことに、老人男性がいて、病院に送られた後、彼らが女を見るまで、すべてが順番に整理されていました。彼が緊急治療室に送られた後、颯真は少し安心しました。
「このおじいさん、どうもありがとうございました、そしてこれらの友人たちに感謝します!」
琉生は寧ラオスの男性を呼び出す方法を知りませんでした、それを呼び出すためにただ友達を使ってください!現時点で、彼女はこれらの人々に本当に感謝しています彼らが直前に彼らを考えるとき、彼女はまだ彼女の心の中にいくつかの防御を持っています颯真は彼女の心にいくつかのポイントを持っています!

結婚相手は子供の頃彼に会いました。

他の誰かがそのようなことに遭遇したとき、それは変わりました、そして、私が小さな女の子と関係を持っていたという事実は言うまでもなく、それは同じことをするでしょう。琉生が老人の前半の文を聞いたとき、彼はただ彼の心に嘔吐したいと思ったが、他の才能はそうではなかった!当時、彼女はショッピングモールでいくつかの言葉を叫びましたが、何人かの人がそれらを見て、誰も前に出てこなかったのです。しかし、老人からの言葉を聞いた後、蘇嘉は唖然とした、老人は実際に彼が女との関係を持っていると言った、そして彼はまだ女の名前を言うことができる、それは本当のようです!
ただ、女がいつそのような人を知ったのか!
「悠人、あそこにあるものはもう遅れることはできない、できるだけ早く行こう!」

この時、寧の老人の後ろに立っている青年が前に来て、寧ラオスの側に言いました。彼のスピーチの声はそれほど小さくなかったので、颯真も彼のスピーチの内容を聞きました。
「ああ、おじいちゃん、まだやるべきことがある、すみません、私たちはあなたを悩ませています!今私は病院にいます、さもなければあなたはあなたのことをやります!」

あなたは病院で二人できますか?

悠人は少し眉をひそめました、そして私の心には少し不安があるようです!
「心配しないで、おじいちゃん、私はすでに悠真の夫に知らせた、彼はもうすぐ来るべきだ!」
颯真の言葉を聞いたとき、結婚相手の体は少しショックを受けているように見えましたが、それはほんの一瞬の問題であり、すぐに彼は正常に戻り、颯真でさえ異常を発見しませんでした。
「この場合は、最初に出発しましょう。問題がある場合は、すぐに通知してください。」
寧ラオビアンは、琉生の手に名刺を配っている間、言った。颯真は、その老人が手渡した名刺を引き継ぎ、わずかにちらっと見て、とても繊細に感じました。
「ありがとう、おじいちゃん、心配しないで」

それは琉生が寧ラオチャオの緊急治療室を見た後、女の世話をすることができるはずであることを確認した後、彼は彼の部下を連れて行き、ゆっくりと立ち去ったようです。悠人の人々のグループが去った後、颯真は男が彼女のポジションに向かって進むのを見て、男の顔は以前の女よりも良く見えません。行こう!

「結婚相手のさん、悠真さんはどうですか?」

「私はすでに手術室に入院しています。状況が明確ではありません!」
颯真は男を見て、少しぎこちなさを感じましたが、当時は女と一緒にいたので、何も持っていませんでしたが、女は緊急治療室に送られました。有能です!
どうしたの?
男は、颯真を非難せず、女と颯真の関係も知っていましたが、当時の事故ではないとしたら、颯真は絶対にそれを避けないでしょう。しかし、男はちょうどこの文を求めたが、琉生が答えるのを待っていない、それらの前の緊急治療室のドアは内側から開いた。それで男と颯真は話すことができず、すぐに医者に尋ねに行きました。


女の背中がイライラしているように見えた。 夫婦の社長ですが 結婚相手がイニシアチブを取って賞賛を求めると聞いたのですが