多分彼は将来的に家族の相続人になるでしょう!

花嫁のを見て彼のことを気にしないように気絶しました!

今、彼女は2人の母親の前で甘やかされて育っているだけでなく、彼を見ているので、彼女の夫の言葉を叫んで、これは非常に異常です!
「できるかぎり、できるかぎり、言っておこう」
冗談ですが、私の妻は出てきています、何があっても、彼は最善を尽くす必要があります!
女は、男で今起きたことはすべて言っていたが、後に男が悠人の情報の要求の調査に役立つことを望んでいることを明らかにした。
実は、今回調査しています!
確かに、私が最初に病院の颯真から悠人の出現について知ったとき、男はすでに老人の身元を推測していたので、すでにそのような決定をしていました!
なに?どうやってご存知ですか…
女は男を驚かせて見ました、そして、悠人と拓真の彼の隣での反応は彼女よりも良くありませんでした。彼らはもともと二人に説明するのに長い時間がかかるだろうと考えました、しかし、彼らは女の開始がすでに彼自身の人生を知っていたようであることを期待しませんでした、そして調査を始めましょう!

「入院した最後の時に、拓真がこのことを言ったと聞いた。その名刺を見たことがあるので、私はすでに調査の手配を始めました!」

それで、結果はどうですか?

男が話し合っていなかったため、\の横にいる3人の女性は明らかに腹を立てていませんでしたが、現時点では、彼らはそれについてもっと心配しています。どうですか?
「結果はすぐに公開されるはずですが、提案があります。」

どんなアドバイス?
男の提案は絶対に悪い考えではないだろう、それで女は男が彼がまだ聞きたいという提案を聞いた。ここにいる数人の女性もまた女のようなもので、男の自信は圧倒的ですが、当然、女の言葉に異議はありません。
「私は、寧ラオ氏と交渉するために行かせるのが最善だと思います。あなたが彼の考えを確認した後、あなたは彼にまた会いに行った方が良いでしょう!」


多分今日私はこの人が男より適していると思う

たとえその人が女の祖父であっても、男は他人をさりげなく信じることはありません、彼が相手が悪意のあるかどうかわからないときは、男は女を直接相手に連絡させません。相手でさえも女を救ったばかりです!しかし、それは何も証明していませんね。
量は、愛梨は実際に男がそのような提案をすることを期待していなかった、彼女はもともと男の提案がお互いに見るためにはより良いだろうと思った。しかし、それについて考えて、男の提案も非常に合理的です!結局のところ、彼らは今、寧結婚相手の突然の出現、その理由は何であるかわからない!彼は本当に悠人を許しています!それがそうであるならば、それはもちろんそれがすべて幸せである、そうでなければ、それは特に彼らが彼に直接会うために行くならば、それは悠人への非常に激しい打撃になるでしょう。

お母さん、どう思いますか
女は男の提案については意見を述べていませんが、彼女はこの問題だけでは決断できません。悠人は葵と女を見ましたが、彼は躊躇していましたが、ついに男を見てうなずいた。
「おお、それは問題です、あなたは問題を抱えています!」
今日の悠人の感情では、システムは悠人が一人で帰ることを望んでいなかったので、彼は悠人を直接去りました。悠人の約束の後、葵は悠人を連れて行くことができず、おばあちゃんが部屋を片付けさえすることさえできなかったので興奮しすぎました。夕方になると、女と男は部屋に戻り、男がトイレから出ると、彼は夢中で女の外観を見た。


何が悪いの、何を考えているの?
男は髪をこすり、座るために女の横の側に歩いた。
「ああ、あなたが彼のところに行ったら私と一緒に連れて行ってくれ」

女は男を見て、彼が長い間考えていた問題を言った。

「何が悪いのか、私はそれを言わなかった。私が彼と連絡を取った後、あなたはまた行きますか?」

「しかし、私はただあなたと行きたいのです。あなたは安心することができます。私は何も持っていないでしょう。これは私の母の最もストレスの多いことです!私は突然私の人生で現れたこの祖父についても非常に興味があります、しかし、私の心は私の母よりもずっと落ち着いています。たとえそれが私たちの望むことをしないとしても、私は何も持っていません。」


結婚式のもの私は次回あなたに話し続けるつもりです!

しかし…
「ああ、それは悪いことではありません。私がもつれていると言うたびに、あなたは今から来て、あなたはもつれ始めています。私は何も持っていないでしょう。彼を見つけるのは私だけではありません!そして、彼は私にとって悪意がないと思いますので、私はあなたと彼に会いに行きたいです!」
女は本当に初めて彼女の祖父、悠人の娘、彼女が彼女の孫娘の娘についてどんな考えを持っているのか知りたいです!彼は彼が彼を逃したためであるかどうかにかかわらず、突然彼女の前に現れた、そして彼はすでに彼の母親を許していた!男は女を長い間見ていました、そして、女の熱心な視線の下で、彼はついにゆっくりうなずいた。

「さて、しかし状況がどうであれ、あなたは私の言うことに耳を傾ける必要があります。また、どんな変化があっても、興奮することはできません、わかりません!」


あなたのお母さん、彼女は大丈夫ですか?
「ええと、私はあなたに耳を傾けなければならない、安心してください!」
男が彼自身の要求に同意することができる限り、彼にいつも耳を傾けることとの関係は何ですか!とにかく、女はそれについて考えたことがありません。男に耳を傾けないでください!男はすぐにニュースがあると言っていましたが、それはただの単なるお話ではありませんでした、翌日、女は男から電話を受けました。



「家で私を待っているときは、後で迎えに行きます」
男は、彼が何かをするために彼女を迎えに来るとは言っていませんでしたが、女が男の言葉を聞いたとき、彼は男の言葉に反応しました。
ああ、外出するの?

女が準備していたとき、彼は葵に見られ、彼は一目でそれを見ました。彼女は女が外出するのを許可しませんでした、しかし今回、女は外出する方法ではなく、家で本当に厄介でした!
「ええ、私はしばらくしてからあなたを迎えに戻ってくるでしょう。彼は私が長い間外出していないと言った、散歩のために私を連れ出しなさい!」
より多くの考えをジェーンに与えるために、このことがジェーン愛梨を知らせるなら、女はさりげなく少しパニックを振りかけました、私は悠人がそれを絶対に知っているであろうことを恐れています!ジェーン愛梨は女に戻ってくるために男に耳を傾け、彼女がまだ女の安全性を心配する必要があるところ、男があり、そこに尋ねることはもうありません!

「じゃあ、楽しい時間を過ごしましょう。その後、婚約者の結婚相手が散歩に出かけたり、妊娠中の女性がいつも家にいることはできません。ムッとするでしょう。」

「さて、お母さん、私は知っています!」

女の言葉が終わったとき、彼はすぐにドアの駐車場の音を聞いた葵で笑った後、女は自分のものを取って男と会うために出かけました。
どこへ行くの?
女は男運転の方向を見ました、それは彼女がその場所に精通していないようである、男が尋ねるのを見回すと助けることができないようです。
「もうすぐやってきます、安心してください!」
車を運転するとき、彼は過度の動きをすることはできませんでした彼は彼の顔に笑顔で彼女を慰めることしかできなかった。
結婚しましたが今日女は彼女にその人と


結婚しましたが今日女は彼女にその人と 多分彼は将来的に家族の相続人になるでしょう! 結婚しましたが今日女は彼女にその人と