ワイキキで平凡に

ハワイで暮らすと言うことは

最近の空港は訪れるだけでも楽しいエンターテイメント施設とたくさんのショップが入っている成田空港成田空港は日本を代表する空港であり、国際線の数も他の空港と比較しても群を抜いて多いです。国人も最初に日本の地を踏むのがこの場所という人もたくさんいます海外に行くのは成田からという人も多く、訪日をする外そんな成田空港は、たくさんのお店がある空港としても有名です。世界的なブランドショップから日本全国のお土産品、さらには家電製品なども販売をされており空港そのものが巨大な商業施設になっています。国際線の飛行機に乗るのであれば免税で買い物をすることができるので普段よりもお得な価格で購入できるチャンスです。また、空港には送迎デッキがあり、世界各国の飛行機が離着陸をする様子を眺めることができます。

ワイキキから
ひっきりなしに離着陸を繰り返すので眺めているだけでも楽しいです。北海道の魅力を全て凝縮した新千歳空港北海道の玄関口である新千歳空港は日本全国だけでなく、アジア各地から人気の観光地北海道を訪れる人でにぎわっています。を結ぶ路線は、1時期、年間の旅客輸送数で世界1位にもなったことがあるほど需要の大きな空港です。新千歳空港と東京羽田空港そんな新千歳空港は、北海道の食の宝庫でもあります。ここにいれば手に入らないものはないと言われているほど北海道のお土産が集まっているのです。

ホノルル空港は古いので
ほとんど全ての人は車で来ていた。波が荒いのでビーチは遊泳禁止である。それでも勇敢に泳いでいる人がいた。泳ぐよりも押し寄せる波に呑まれて一瞬姿が消える。波が引くと砂浜の中にポッネンと一人取り残されている、その繰り返しである。これは泳いでいることになるのだろうか。私たち夫婦が交代で被写体になって写真をとっていると、近くにいた米国人夫妻が「シャッターを押してあげる」と言って撮ってくれた。ここは52番バスの終点である。30分ほど美しい大波を見た後、再び52番のバスに乗って着いたところはタートルベイリゾートだった。この同じバスが今度は「55番」と看板を替えて、東の海岸線を巡ってアラモアナ?ショッピング?センターまで戻る。

アメリカ旅行に関しては
アメリカ旅行に関しては

もし、ノースショアなどで途中下車をしなければ、2ドルで4時間半をかけてオアフ島(東部)を半周できる。1日のリクリエーション費用としては安上がりで結構楽しい。私はシニアバスパスを持っているので、昼食費以外は何の費用も発生していない。昼食費は2人で数ドル(10ドル以下、1人前をオーダーして2人で食べるとちょうど良い分量である)だった。腹八分という観点からではそれでも多すぎるくらいだった。

ハワイ在住の家庭では日本のNTTに相当するOceanicTimeWarnerCableというインターネットサービスに毎月の料金を支払って利用しています
ワイキキでもやっていますので