ハワイに着くと しばらく見なかったな

ホノルル?マラソンで貰ったシャツを着て足を引きずって歩く人々がカラカウア通りに溢れていた

さて、実は大手以外にも多くののツアー会社が存在しています。インターネットでは「トラベルコちゃん」(※1)、「Expedia(※2)などのツアー検索サイトがあります。フリープランで街歩きをしたい!という方は検索サイトで調べてみてください。もっと頑張りたい方は、個人で航空券とホテルを予約することもできます。最近はLCC(LowCostCarrier)という低価格路線が数多く就航しており、インターネットで予約できます。

買い忘れた時でも大丈夫、オーストラリアのお土産

ハワイのツアーは日本からWEB予約をする事!
ホテルはagoda(※3)などのまとめサイトで検索すると良いでしょう。さて、ツアーの価格を見るときに気を付けてほしい点が二つあります一つは“燃油サーチャージ“です。これは原油価格の変動に対応するためにツアー代金から予め除外されている費用です。燃油サーチャージ込で価格を提示しているツアーとそうでないツアーがあるので、その都度チェックしてください。もう一つは“空港使用税“です。これはそのままの意味で、飛行機が空港を利用するための税金です。

ハワイと思わせる魅力を持っていてまるで自分がロコになったような気分にさせてくれます
近所の食料雑貨店「フード?パントリー(FOODPANTRY)」ドル)を適当に調合して飲む。でマイタイとラム酒(HANABAYRUM)を買い込んで(両方で1ダイエーにバスで行く。1買物はアラモアナSCか、買いたい物は殆ど何でも揃う。値段も高くはない。牛肉はコスコ(COSTCO)で買ったが、冷凍庫に入れておいて、それを小分けして使うと1カ月使ってもまだ余りそうだ。ナ?タウンで買い、野菜は火曜と金曜日に開かれる朝市で買う。

ハワイ観光局イベントページ
ハワイ観光局イベントページ

コスコでは肉を含めて各種いろいろなものを買ったのだが200ドルは超えなかった。魚はチャイ朝は6時過ぎに起きて、カピオラニ公園の散歩が日課だ。凡そ1時間かかる。この時間帯は走っている人、体操をしている人、芝生の上でグループ?ミーティングをやっている人々など様々である。眼が合うと軽く挨拶をする。散歩からバニアンに戻る途中、街角に新聞売り(40歳代後半の男性)が立っていて、彼から新聞を買う。新聞はホノルル?アドバタイザー(HonoluluAdvertiser)だ。

ハワイ旅行に行くとなると
ワイキキ?バニヤン>隣接する